自己効力感

自己効力感とは

「アルバート・バンデューラ博士」が恐怖症を克服した人をインタビューしたところ、ゼッタイ克服できないと思っていた恐怖症を解消できたことで、その人たちは「自分は状況を変えられる」「自分は成し遂げられる」と信じられるようになっていたということです。

このように「自分にはこれだったらできるんじゃないか」「できそう」と思う気持ちを「自己効力感」といいます。

この自己効力感は、行動を起こす動機や力になります。

自己効力感の高い人低い人

自己効力感の高い人は、「目標達成に向けて努力できる」「壁にぶつかっても、さらに努力できる」「ストレスに強く、うつになりにくい」と言われています。

よく「根拠のない自信」を持っている人がいますが、根拠があるなしにかかわらず、自信がある(=自己効力感が高い)ことは物事を達成する大きな原動力になります。

反対に、自己効力感の低い人は、「自分はうまくできるはずがない」という気持ちが強くなり、行動する気力もわいてきません。せっかく能力があっても、結果を出すことができません。

どんなにスキル・能力があっても、自信がない(=自己効力感が低い)と物事を達成しにくくなります。

自己効力感の高め方

1.成功体験を重ねる

自分で実際にやって達成できた経験は、直接的で納得感があり、この4つの中で最も強く自己効力感を高めてくれます。

2.身近な人を見て

自分自身がやらなくても、身近な人が「出来た」ことを見たり、聴いたりすることで自己効力感は上がります。

3.励ましやサポート

周囲の人からの励ましやサポートも自己効力感を上げます。「君なら絶対できるよ!」と言われたり、実際にできた後「素晴らしい出来」と褒められたりすることで自己効力感が高まります。

4.生理的な反応

ストレスがかかり、余裕のない状態では、否定的な感情が強くなり、自己効力感は下がりますが、リラックスしたり、心身に余裕のある状態では、楽観性とともに自己効力感が高くなります。

小さなことをコツコツと積み上げて、少しずつでもよいですから自己効力感を上げてゆきましょう。

能力と自己効力感の一致

適度なレベルの自己効力感が、個人の成長のために必要です。

実際の能力に比べて低い自己効力感の人は、乗り越えられる低い目標ですら回避する傾向があり、成長できません。

一方、実際の能力に比べて高すぎる自己効力感の人は、高すぎる目標を設定し、大きなミスを繰り返し、挫折し、自己効力感や意欲を失ってしまうことになります。

やや高いところに自己効力感を持つ人が、手の届きそうな目標を設定し、それにチャレンジし、力をつけてゆきます。

自己効力感を失わないために

私たちはさまざまな人と人との関係性の中で生活をしています。同じ仕事をするチーム中で、つい自分と他人を比べてしまいます。

自分がチーム内で主導的にふるまえる、意見が通る、頼りにされる、効果的である、等に感じる場合は、自己効力感が高まりますが、疎外感を味わう、被支配的、いてもいなくても同じ、的な感覚を感じる場合は、自己効力感を失ってしまいます。

ここで大切なことは、自己効力感を上げたり下げたりするのは、その事実ではなく本人の「感じ方」「感情」です。

組織は、20%の人が引っ張り、60%の人が従い、20%の人が落ちこぼれ=足を引っ張るといわれます。

しかしながら落ちこぼれる20%の人が、マイナス感情にならないような仕組みや周り人の配慮ができれば、落ちこぼれる20%の人は、自己効力感を失わずに済みチームの生産性は保たれます。

特にミーティングは、意見の量の偏り、意見の質、意見の採否、メンバー間の同意不同意などがその場・その瞬間で現れるので、自分と他人を比べ安く、その結果により、人が様々な感情をもち、自己効力感が変化します。

チームメンバーは、特にミーティング運営についてそのプロセスを注意する必要があります。例えば以下のようなことです。

1.ミーティングに参加してない人・意見が少ない人に対して質問する事
2.自分の考えと違う意見にすぐには反対意見を言わず、なぜ違うのかその理由を明らかにするための質問をする事
3.どんな意見や質問に対しても無視せず「受け止め」る事
4.ミーティングを長いと感じさせる時間まで行わないこと

これらの事はチームリーダーだけが行うのではなく、メンバー全員が、メンバー全員に対して配慮する必要があります。

全員が同じ目標に向かう仲間だから、仲間を思いやる事は重要な事です。全員がリーダーシップをもってお互いを思いやれるような関係性のチームって最高ではないでしょうか。

アクションラーニングの中で行う「質問会議」は、質問とその返答のみで進行されることやALコーチがセッションのプロセスを監視し適宜介入する事など、この観点においても有効です。

一方、個人の側からすると、自己を客観的に見ることが大切です。自己との対話を重ねることで、正しい自己効力感を保つことが必要です。最近「マインドフルネス」が流行していますが、この観点もから有効だと思います。