自己効力感

自己効力感とは

「アルバート・バンデューラ博士」が恐怖症を克服した人をインタビューしたところ、ゼッタイ克服できないと思っていた恐怖症を解消できたことで、その人たちは「自分は状況を変えられる」「自分は成し遂げられる」と信じられるようになっていたということです。

(さらに…)